So-net無料ブログ作成
八重の桜 11話感想 ブログトップ

八重の桜 11話感想! なかなか綾瀬遥の出番はないね~~象山はあんな殺され方だったんだ~~~~ [八重の桜 11話感想]

八重の桜11話 感想かがでしたか


ハンサムウーマンの八重 綾瀬はるかの活躍は


まだまだまだですね


綾瀬はるかが出てくると


緊張した物語に トッポさがでて

好きなんだ



【送料無料】八重の桜(前...

【送料無料】八重の桜(前...
価格:1,100円(税込、送料込)




やっぱ 綾瀬はるかって天然 天真爛漫さが

魅力かわいい~~~


って言っても幕末 会津藩が なんで悲劇に見舞われたのか


それを知るには しっかり見とかないとね!





佐久間象山は 攘夷派多分長州の人間に切られて


殺されてしまう

さらに藩よりいお家取り潰しって・・・

覚馬が憤慨するのも最もだ!



「先生は、二度殺された。

一度は刺客に。

二度は藩の愚かさに」


そのとおり!




でもでも笑っちゃったよね

覚馬ら3人組


まるで漫才みたいに町人姿で スパイ活動


そりゃ あの独特の会津弁でてきちゃ大変だわ~~~


うまいこと関西弁がでたよね




よく逃げられたね

それにしても 長州藩の真木和泉 嶋田久作存在感あるよね


悪役って言ったら行けないんだけど


抜群の怖さ~~~迫力満点~~~~


さあ!長州征伐が始まるんですね



次回は蛤御門の変だって




八重 京都にいきたいだろうね・・・






東京でも 桜が開花なんですね

こんな盆栽育てたくなりますよね~~~











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
八重の桜 11話感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。