So-net無料ブログ作成
それでも、生きてゆく 第10話感想 ブログトップ

それでも、生きてゆく 第10話感想 哀しいすぎる満島ひかりと大竹しのぶ [それでも、生きてゆく 第10話感想]

それでも、生きてゆく 第10話感想・・・いかがでしたか

切ない哀しい・・・・・


被害者響子(大竹しのぶ)と加害者家族隆美(風吹ジュン)が語り合うシーン・・・


今まで抱き続けてきた恨みをお互いぶつけ合い吐き出すふたり




だけど響子の一言は私には重かった

被害者家族と加害者家族は同じ乗り物に乗っているってそして

その乗り物の行き先は一緒に考えていかないといけないという 

そこまで歩み寄れるんだろか・・・・



哀しい・・・・つらい・・・・

響子の涙がなんともいえなかった




なんで・・洋貴(瑛太)は自殺 溺れ死のうとした文哉(風間俊介)を

心臓マッサージまでして救ったんだろう


信じてみよう・・・・・あいつのことを信じてみようって思ったんでしょうね


双葉満島ひかりと洋貴と文哉


3人でオムライス食べてる姿が。・・・・ポテトサラダが愉快だったけど



警察へ出頭する文哉


ラストの双葉の行動は迫力は兄を殴る叩きのめす姿は

哀しみの深さと鬱積した思いがかさなって

ある面哀しくって 痛快でしたね



満島ひかり瑛太の あうんの演技がたまらなく好きです


それでも、生きてゆく・・最大の女優・・・・見ておかないとね

【送料無料】満島ひか...

【送料無料】満島ひか...
価格:3,591円(税込、送料込)




それでも、生きてゆく・・・こころ打ちます・・・



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
それでも、生きてゆく 第10話感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。